安い引越し業者を選んで格安価格を引き出す裏技&交渉方法

(最終更新2018-01-22)

できることなら格安で引っ越しをしたい!最安値の引越し業者の探し方から値段交渉の仕方まで、引っ越しをできるだけ安く済ませるための裏技をご紹介します。

オススメ格安引っ越し業者は?値段交渉は?わからないことだらけの引っ越し業者選び

ぼくは引っ越しマニアです 笑 今まで5回ほど引っ越ししています。気分を変えたくて。リセット癖とも言うんでしょうか。。。

最初のころの引っ越しは、もうわけがわかんなくて、「もう絶対引っ越しなんかしない」と思ったくらいですが、もう今は慣れたもんですね。

引っ越し初心者が一番最初にぶち当たる問題、それはどの引っ越し業者に頼むか、どうしたら安く済ませられるか、じゃないでしょうか。ぼくも最初は全然わかりませんでした。格安で済ませたいけど、交渉はどうやるの?など。

まあでも今はお手の物ですね。最安値で引っ越しできる自信があります!せっかくなんでここに書いておきます!

引っ越し業者から最安値を引き出す裏技

簡単です。2ステップ。

  1. 複数の引越し業者に見積もりをとってもらう

    いちいち複数の引っ越し業者に電話して見積もり依頼を出すのは大変なので、無料の引越し一括見積もりサイトという便利なものを使います。おおよその荷物の量をサイトの案内に従って入力すれば、自分で選んだ複数の業者に一括で見積もり依頼を出す事ができます。これで概算や相場が出ます。

  2. 引っ越し業者に相見積もりをしてもらい、競わせる

    依頼を受けた業者から、見積もりに家に伺いたいという連絡が来ますので、複数の引越業者を一度に呼ぶのです。

    一度に、というところがミソです。同じ日の同じ時間にです。そうすると、当然業者同時が鉢合わせします。そうすることで、相見積もりになり、勝手に値段を競い合ってくれるんです。しかもいっぺんに見積もりがとれて、時間を節約できますからね。まあ、あまり呼びすぎてもあれですから、3、4社くらいを呼ぶと良いと思います。

相見積もりは気まずくないの?

123723.jpg

気まずいですかね?笑 でも、業者から見たら日常茶飯事です。万が一、嫌そうな態度を表す業者がいたら、きっぱりお断りをしましょう。きっと雑な業社でしょう。感じよくしてくれて、信頼できそうで、かつ値段の安い業者を選べば良いのです。彼らのほとんどは結構プライドが高くて、他社にライバル心むき出しなので、できうる最安値を提示してくれると思います。あとオプションも無料でコロっと付けてくれたり、格安にしてくれたりします。荷造りオプションなんかはつけると非常に感動するでしょう。

あと、家に呼んで直接見積もりをしてもらうのがめんどくさい、という方が大半だと思いますが、ネットや電話だけの見積もりだと、彼ら業者は安全ラインの値段を設定してくるので、確実に高くなります。また、自己申告した荷物の量と大きく異なっていた場合、後でトラブルになってしまいます。なので、サイトで見積もり依頼を出した後、連絡が来たら直接見積もりの予約をした方が絶対に良いです。この裏技通り一度に呼んでしまえば時間もとりません。

一度に引越し業者を呼ぶのがどうしても嫌だという人は、引越し一括見積もりサイトで3社くらいに見積もり依頼を出した後、本命の業者が最後になるような順番で呼んで下さい。後に呼んだ方が、前の 業者の提案を踏まえてくる傾向があるため、安くなる可能性が高いのです。

引越し見積もりサイトを使うと業者から大量に電話が来る?

心配な人も多いと思います。電話が来まくったら、うざいですね。。。でも、サイトでどの業者に見積もりを依頼するのか、選ぶことができますので、そこで選んだ業者以外から連絡が来ることはありません。上で説明した通り、3、4社を選べば、そこからしか来ませんのでご安心を。もちろん、かたっぱしから依頼を出した場合、大量に電話が来ることになりますけどね 笑

肝心の引っ越し一括見積もりサイト、何個かありますが正直どこでやっても同じです。とりあえず大手ともコラボしていて信頼感があり、サイトがキレイで手順が分かりやすいところを下に貼っておきます。ちなみに見積もりは完全に無料なのでご安心を。


現住所の郵便番号 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス
現住所の郵便番号
引越し先の都道府県
引越しタイプ
  • 単身
  • 家族
  • オフィス

ちなみに、スケジュールには余裕を持った方が当然良いです。彼ら引っ越し業者は、ギリギリのスケジュールだと足元を見てふっかけてきますからね。特に2月後半〜3月〜4月前半は要注意です。希望日が決まったら見積もり依頼だけはすぐにやっておくことをおすすめします。

おまけ:値段交渉の最後の一押し

144796.jpg

上でご紹介した、業者を同時に呼ぶ裏技を使えば、勝手に値段を競い合ってくれますが、最終決定する前に最後の一押しができたら最高です。

引越しには、下記のような安くなる要素があります。

  • 平日
  • 仏滅
  • 月初月末以外
  • 1ヶ月以上先の日程
  • 午後or時間フリー便

これを利用して例えば、

「もしこの仏滅の平日にしたらもう少し安くなります?仏滅の平日は安いって聞いたんですよ〜。安くなるなら即決しようかな。」

「引越しの時間にこだわらないプランだと安くなるって聞いたんですが、どうですか?安くなるなら即決しようかな。」

のように後だしをするんです。他にも、

「荷造りのオプションを検討してるんですが、もしそれをつけてくれるなら即決しようと思います!」

などオプションをねだってみるとか。タダでつけてくれなくても、格安で追加してくれたりします。精神的に余裕があればダメ元で是非トライしてみてください!

まあ、なにはともあれ余裕をもった時期の見積もり依頼から。一括見積もりサイト経由の依頼ということは業者もわかりますので、それだけでも他社を意識した値段を提示してくれます。

それでは、良い引っ越しを!!

SNSでもご購読できます。

コメント

   

コメントを残す

*