百均のライトニングケーブルは壊れやすい?使ってみた結果!

(最終更新2018-02-07)

純正だと2000円以上するiPhoneのライトニングケーブルですが、百円ショップで100円で買えちゃいます!でもまたすぐに断線して使えなくなっちゃうんでしょ?と疑いながらも使ってみました!

100円ショップのダイソーでiPhone充電用のライトニングケーブルを買ってみました

ライトニングケーブル

以前純正のライトニングケーブルが断線してしまったので、新しくMFI認証のついたLightningケーブル買って使っています。さすがMFI認証といったところで、現状全く問題なく使えているのですが、持ち運び用にもう一本欲しくなりました。いちいち差し替えるのは面倒ですからね。(※MFI認証とは?)

純正ですと2200円。高すぎる!MFI認証がついたものだと700円〜1500円ほどでしょうか。それでもちょっと高い。。。ということで、以前から気になっていた百均のライトニングケーブルを買ってみることにしました。ダイソーで、もちろん100円!ミーツなど他の100均にも同じものが売っていました。

百均のライトニングケーブルの特徴

  • 片側でしか充電ができません

    lightningケーブルには、裏表関係なくどちらをさしても大丈夫だよ〜という素敵な特徴があるのですが、百均のlightningケーブルは片側しか充電ができません。UPと書いている面を上にして、iPhoneに差し込みます。逆側で差し込むと、うんともすんとも言いませんのでご注意を。

  • データ通信はできません

    PCやMacとつないでiTunesと同期などのデータのやりとりをする用途では使えません。充電専用です。

  • コードの長さは60cmです

    純正のコードは100cmですが、それと比べてちょっと短すぎませんかねw 普段使いにはちょっと物足りない。。まぁ、持ち運びには良いですが。

ていうことで、さすが100均という仕様ではあります。安いので我慢!

(20161113追記)パッケージにはまだiPhone6対応としか書かれていませんが、iPhone7でもばっちり使えました。

初期不良は?すぐ断線しない?

これが一番の心配ですよね。なんせ純正が2200円のものを100円で売っているのですから。

さっそくパッケージから取り出して接続してみました。裏表を間違えないように。結果、全く問題なしでした!充電時間も、今までのものと大差ない!

これ、めちゃ使えるじゃん!ということで、ベットサイドにも欲しくなったので、もう一本追加購入しました。

しかーし、2本目は問題児でした。充電が開始されてしばらくすると、iPhoneのバイブが暴走します。ブルって止まってブルって止まって。。。どうやら、充電オンオフが繰り返されているようです。初期不良ですね。。。

ということで、1/2が不良品でした。これをどう見るか!100円なのでまた買っちゃえばいいや〜って考え方もできますが。ちなみに、問題なかった方は断線することなくまだ使えてます。運ですねw

百均のiPhone充電ケーブルのまとめ

ネットで検索しても、すぐ壊れる、初期不良だった、という声も多く見られます。その口コミは本当のようですね。個体差が大きく、運の要素が大きそうです。ハズレを引いたらまた買えばいいや〜くらいの軽い気持ちで購入するのが良さそうです。アタリを引けば結構使えます。そして断線する前に、予めテープなどで保護して、断線予防をしておくと良いかもしれません。(上の写真のようにw)

また、データ通信はできないし長さも短いので、僕はメインではMFI認証のケーブルを使っておいて、サブとして百均のケーブルものを使うようにしています。あ、純正は高くてありえないです!w それならMFI認証のケーブルが良いですよ^ ^ 電気屋で買うよりもamazonや楽天が安いです!

MFI認証とは?

「Made For iPhone/iPad/iPod」のこと、すなわち「iPhoneやiPad、iPod向けに作られた製品ですよ〜」という意味です。アップルの用意した認証プログラムによって認められた証になっていて、一定の基準をクリアしたものになります。※もちろん百均のライトニングケーブルは認証されていません。

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*